からだに優しいもの

とにかく、優しいものです。

ハーブ・スパイスの利用部位

ハーブ・スパイス料理

f:id:linderabella:20201102131234j:plain

f:id:linderabella:20201102133209j:plain

 

ハーブには「使用部位」と言って、
食用として使える部位と、そうでない部位があります。
 
植物に含まれる様々な成分は部位によって異なり、
中には食用に適さないものや、
妊娠中など、特定の方には避けて頂きたい成分も含まれています。
 
そのため、食用のハーブには、必ず使用部位が指定されています。
この点が食用でない園芸種と大きく違う点です。
 
 
f:id:linderabella:20200719105344j:plain

リーフ(葉・葉茎・花穂)

  沢山の種類があり、個性的な香りのものや、苦味の強いものもありますが、
  葉には爽やかな香りを持つものが多くあります。
  生のまま使う「フレッシュタイプ」と乾燥させて使う「ドライタイプ」があり、
  爽やかな香り、味わいが楽しめます。
  細かく刻んだり、ちぎったりすると香りがよく出ます。
 
 
f:id:linderabella:20200719111738j:plain

フラワー(花・めしべ・蕾)

  抽出時間が長いと、香りが飛んで、苦味が出やすい部位です。
  敏感な方は、ジャーマンカモミールなどの
  花粉を多く含むハーブの取り扱いには気を付けて下さい。
 

 

 
f:id:linderabella:20201103161904j:plain

 種子

  ホールで流通しているのが一般的です。
  硬いので、砕いてから使うと抽出されやすくなります。
  シードの香りを付けたい場合はパウダーを用いるのも良いです。
 

 

 
f:id:linderabella:20201120102642j:plain

果実

  果実と言っても、私達が良く知る甘いフルーツとは別物です。
  甘い香りを持つものや、刺激的な辛味のものなど、風味は多種多様です。
 

 

 
f:id:linderabella:20201120103545j:plain

樹皮

  種類は多くはありませんが、特に代表的なのはシナモンで、
  ドリンクやスイーツ、カレーなどの風味づけに
  世界中で使われています。
  乾いた樹皮特有の温かみのある香りが魅力的です。
 

 



 
f:id:linderabella:20201120102727j:plain

ルート(根・根茎)

  地中から掘り出して、生のまま、または乾燥させて使います。
  カッティングされている場合が多いです。
  硬く、抽出されにくいため、抽出時間を長くするか、
  煮出すのに向いています。