からだに優しいもの

とにかく、優しいものです。

基材事典

基材

f:id:linderabella:20200723201602j:plain

 
 

植物油(キャリアオイル)

「植物油」「キャリアオイル」「ベースオイル」と呼ばれています。
「キャリア」は「運ぶもの」という意味です。
精油を「薄める」という目的と、精油成分を体内に「運ぶ」という意味から
その名が付いたのでしょう。
 

f:id:linderabella:20200718104416j:plain

 
精油は原液が肌に触れると刺激が強過ぎるため、
通常は「基材」で希釈して使います。
精油は「親油性」なので、皮膚に馴染みやすく浸透しやすい性質を持っています。
植物油に精油を希釈したトリートメントオイルを皮膚に塗布した場合、
植物油は肌から精油が浸透するのを助け、
皮膚のバリア機能を通り抜け、皮膚の真皮層まで運ぶことから、
「キャリアオイル(carrier=運ぶもの、媒体)」とか「ベースオイル」と
呼ばれています。
 
 
 f:id:linderabella:20200723201602j:plain

 

f:id:linderabella:20200616110109p:plain

 

バター

f:id:linderabella:20201123095322j:plain

 
常温で固体になる油脂のことは「バター」と言います。
バターのほとんどは手で温めるなど、体温で溶けます。
ビタミン、ミネラル、必須脂肪酸など、美容に有効な成分が多く含まれ、
単体でも肌にいい働きをするものが沢山あります。
 
 f:id:linderabella:20200723201602j:plain

 

f:id:linderabella:20200616110109p:plain

 

天然ワックス

動物由来のワックス

ミツロウ(蜜蠟・ビーワックス)

f:id:linderabella:20200627110452j:plain

ミツバチが巣を作る時に分泌するワックスです。
歴史は古く古代エジプトでも利用されていたという記録もあります。
中世ヨーロッパでは、教会のろうそくの原料として蜜蝋を用いていました。
現代でも、パラフィンワックス製のロウソクに、化粧品、医療、クレヨンなどにも
使われています。
 
 f:id:linderabella:20200627110452j:plain
 

植物由来のワックス

f:id:linderabella:20201018163614j:plain

 

 f:id:linderabella:20201018163614j:plain 

 

f:id:linderabella:20200616110109p:plain

 

 水性の基剤

「精製水」「芳香蒸留水」「ミネラルウォーター」などです。
「水道水」には、消毒としての塩素を始め、多数の成分が含まれ、
また保存性も良くないので、使用しないほうがよいでしょう。
 
 

水(精製水・ミネラルウォーター)

 不純物がない純度の高い水としては、薬局で手に入る「精製水」や「蒸留水」、
 スーパーなどで手に入る「ミネラルウォーター」などがあります。
 炭酸が入っていたり、ミネラルが多過ぎて硬度が高い「ミネラルウォーター」は
 不向きです。
 
  f:id:linderabella:20200806155936j:plain  精製水
f:id:linderabella:20201120183302j:plain  ミネラルウォーター
 
f:id:linderabella:20200616110109p:plain

 

芳香蒸留水(フローラルウォーター)

 「フローラルウォーター」とも呼ばれます。
 植物を蒸留して精油を製造する時に、同時に得られる水です。
 僅かながら植物の芳香成分やその他の成分が溶け込んでおり、
 そのまま化粧水として、またクレイパックを作る時に用います。
 
  f:id:linderabella:20200806155936j:plain フローラルウォーターとは
f:id:linderabella:20200806155936j:plain フローラルウォーター事典
 
f:id:linderabella:20200616110109p:plain

 


 

無水エタノール

精油は「水」にはほとんど溶けませんが、「アルコール」には溶けます。
精油を予めアルコールに溶かしておいてから、水を加えると比較的よく
混ざり合います。
アロマテラピー用としては、薬局などで手に入る99.5%以上含む
「無水エタノールが適しています。
香水やルームフレグランスを作る時などに使用します。
揮発性が高く燃えやすいため、保管場所に注意しましょう。
 

ウォッカ

 

f:id:linderabella:20200616110109p:plain

 

その他の基材

グリセリン

脂肪や油脂からとれる無色の液体です。
保湿効果があり、「化粧水」や「クリーム」を作る時などに用いられます。
精油と水のつなぎにも利用されます。
 

 


 

キサンタンガム

デンプンを発酵させて作る植物由来の増粘安定剤です。
水に混ぜると粘性が出るので、熱を加えなくても簡単にジェル状になります。
とろみのあるリキッドソープやボディーミルク、ジェル作りに使用します。

 

 


 

ハチミツ

スキンケアなどに利用されます。
肌の炎症を鎮める作用を持ち、「入溶剤」や「パック」の基剤として用いられます。
不純物の混じっていないものを選びましょう。
 

 


 

天然塩

「海塩」や「岩塩」などミネラルを含んだ「天然の塩」は
「発汗作用」があり、体内の毒素を排泄する効果があると言われています。
粒の大きさが色々あります。
 

 


 

重曹(炭酸水素ナトリウム)

汚れを落とし、消臭作用があるので、掃除に活躍します。
薬やお菓子にも使われる素材です。 

 


 

クエン酸

レモンなど柑橘類に含まれる有機化合物です。
爽やかな酸味を持つので、
食品添加物として使用されたり、洗濯や掃除にも使われます。
重曹」(炭酸水素ナトリウム)と反応させて、発泡させるために使用します。
 

 


 

コーンスターチ

食用にもよく用いられるトウモロコシのデンプンです。
バスフィズ(発泡入浴剤)を固めるのに使います。 
 

 


 

クレイ

鉱物を主成分とする粘土です。
カオリン」や「モンモリロナイト」などがこれに当たります。
吸収、吸着、収斂、洗浄作用があり、パック剤などに使われます。
 

 


 

タルク

滑石をミクロサイズに微粉砕したパウダーです。
ボディパウダーに使うと肌の滑りが良くなります。
 

 


 

石膏パウダー

アロマストーンを作るための粉状の石膏です。
熱を加えなくても、水と香りと色素を混ぜるだけで作ることが出来ます。
 

 


 

石鹸素地

無香料、無着色の植物性石鹸素地です。
精油やドライハーブを練り合わせて、オリジナルの石鹸を作ることが出来ます。
細かくカットされているので、手で練りやすく、きめの細かな石鹸になります。
 

 


 

MPソープ(クリア・ホワイト)

電子レンジで溶ける石鹸素地です。
天然保湿成分のグリセリンが配合されています。
「MP」は、”Melt”(溶かす)& ”Pour”(注ぐ)の意味。
電子レンジで溶かした後、型に注いで固めれば、簡単に形を変えることが出来ます。
「ホワイト」タイプに天然色素で色を付けると、パステル調のキレイな石鹸に
なります。
 

 


 

クチナシ色素

クチナシ由来の天然色素です。
安全性が高く、食品などにも使われています。
MPソープ、石膏パウダーで作るアロマクラフトの色付けに使います。
天然色素なので、時間の経過とともに退色してしまいます。