うまずたゆまず

とにかく、美味しいものです。

アロマテラピーの歴史

f:id:linderabella:20200718095955j:plain f:id:linderabella:20200709110823j:plain

 

古代から人々にとって植物の香りは身近な存在でした。
紀元前3000年頃の古代エジプト文明では、
「薫香」(お香)や「浸剤」(ハーブティーやハーブオイル)として利用したり、
ミイラづくりには乳香(フランキンセンス)や没薬(ミルラ)などの精油
使用されたりしていました。
 
11世紀にのアラビアでは、イブン・シーナがバラの花から
「芳香蒸留水」を作ったと言われています。
 
十字軍の出現により東西交流が発展したことで、様々なハーブが取り引きされたり、
「蒸留」の技術がヨーロッパに伝わりました。
 
アロマテラピー」という言葉は、
1930年頃にフランスの調香師・香料研究者のルネ=モーリス・ガットフォセが
「芳香(アロマ)」と「療法(テラピー)」組み合わせて作った造語です。
 
以来、今日に至るまで、世界の様々な国や地域で、リラックス効果、体調不良の改善、
心身の強壮などを様々な効果を得るために、アロマテラピーが利用されています。
 
 

 古代

古代エジプト

 香りは神に捧げる神聖なものとして、「乳香」や「没薬」といった樹脂が
 「薫香」という形で用いられ、ミイラを作る際にも香料が用いられていました。

パピルスの文書

  • 紀元前1700年頃。
  • アロエなど約700種類のハーブが記録。
  • うがい薬や湿布などに使用。

旧約聖書』~ソロモン王とシバの女王の逸話

 乳香や白檀(サンダルウッド)などの香料
 

古代ギリシャ

 薬草による治療は体系化された医学という色彩を帯び始めます。
 

医学の祖・医師ヒポクラテス

  • 体液病理説
  • 400種類にも及ぶハーブの処方
  • 今で言う「芳香浴」の効能にも言及

テオフラストス

 植物の分類を行う。著書『植物誌』には500種に及ぶ植物が記載されています。

アレキサンダー大王の東方遠征

 

古代ローマ

新約聖書の逸話

  • 東方の三賢人(博士)・・・「黄金」「乳香」「没薬」
  • ナルドの香油
    チベット地方原産の「スパイク・ナルド」という植物を油に浸出させたもの)

皇帝ネロ

ディオスコリデス(皇帝ネロの軍医)

  • 『マテリア・メディカ(薬物誌)』
    約600種の植物が収載され、植物の生育地やその効能、薬としての調合方法などが記されています。

プリニウス

  • 『博物誌』でも、植物や植物薬剤について広く言及されています。

ガレノス

  • ガレノス製剤(コールドクリーム)
 

『神農本草経』

  • 2~3世紀の漢の時代にまとめられた、China最古の本草
  • 『神農本草経集注』(しんのうほんぞうきょうしっちゅう)
    5世紀末、陶弘景により『神農本草経』が再編纂、730種の薬石が記載。
 

アーユルヴェーダ

  • 古代インドで、今から約3000年以上前に誕生。
  • リグ・ヴェーダ』に約1000種類の薬用植物。
  • インド、スリランカを中心に現在も受け継がれています。
 

中世

アラブ人の医師、イブン・シーナー(アヴィセンナ

 錬金術の技術から蒸留方法を確立→今のアロマテラピーの基礎

十字軍の遠征

 東西の薬草、アラビアの医学や精油蒸留法のヨーロッパへの広がり

中世ドイツの修道女ヒルデガルト

 治療のためのハーブの活用法に関する著書を残し、現在のドイツの植物学の基礎を
 築いたと言われています。

サレルノ医科大学

 医師の国家免許ともいえる制度が始められました。

ハーブの利用

  • ハンガリアン・ウォーターハンガリー王妃の水、若返りの香水)
    ローズマリー」を用いたハーブチンキを使用した王妃が若さを取り戻し、
    若きポーランド王に求婚された。
  • ペスト(黒死病)の流行の対策
     ♦ ポマンダー:魔除けのためにクローブなどを詰め込んだもの
     ♦ 4人の盗賊たちのレシピ(ハーブビネガー)
      ローズマリー、タイム、セージ、ラベンダー、ミントなどのハーブを
      酢に漬け込んで作ったもの
 

近世

大航海時代

 コロンブスによる「新大陸の発見」、ヴァスコ・ダ・ガマの「インド航路開発」など、
 ポルトガルやスペインの舟がヨーロッパと新大陸、更には東洋の間を行き来し、
 多くのスパイスやハーブがヨーロッパへと持ち込まれました。

ハーバリストの活躍と植物の分類

 14世紀のイタリアで始まったルネッサンスがヨーロッパ各地に広まり、
 印刷術の発展により薬用植物に関する書物の出版が盛んになり、
 「ハーバリスト」と呼ばれる人も多数登場します。中でも盛んだったのが英国です。
  • ジョン・ジェラート
  • ジョン・パーキンソン
  • ニコラス・カルペパー など

プラントハンターの活躍

  • ジョセフ・バンクス など

香料産業の発展

  • 香水の都・グラース・・・香水や香料
  • ケルンの水「オーアドミラブル=すばらしい水」

カール・フォン・リンネ

 植物を「学名」で分ける分類体系の基本が作られたことにより、
 同じ植物に複数の名前が付けられたり、言語による呼称の違いにより
 混乱したりする問題の解決に寄与しました。
 

近代

科学的アプローチ

 19世紀には、薬用の植物から次々と有効成分が分離精製されるようになりました。
 やがて、同じ成分を石油や石炭などの鉱物原料から合成できるようにもなりました。
 近代的な化学工業の技術により、植物からではなく、化学工業的に色々な作用や
 効果のある薬や香料が作り出されるようになりました。
 

現代

フランスの化学者、ルネ=モーリス・ガットフォセ

 フランス生化学者、ルネ・モーリス・ガットフォセが実験中の事故で火傷を負い、
 「ラベンダーの精油」が治療に非常に役立ったことから、
 精油の治療効果の研究に没頭し、1937年、研究をまとめた著書 『Aromatherapie』を出版、「アロマテラピー」という造語を命名しましたた。
 

フランス人の軍医、ジャン・パルネ

 第二次世界大戦中、 薬が不足した時、は精油を治療のために広く用いました。
 著書には、1964年の『AROMATHERAPIE』があり、
 彼の功績によりフランスでは精油を薬として用いる方法が研究され始めました。
 

ジョバンニ・ガッティとレナート・カヨラ

 1920年代から1930年代にかけ、伊医師のジョバンニ・ガッティとレナート・カヨラが
 精油の心理作用とスキンケアへの応用について幅広く研究しました。
 

パオロ・ロベスティ

 1970年代、オレンジ、ベルガモット、レモンなどの「柑橘類」を原料とした
 精油や加工品が、神経症やうつに効果があることを発見しました。
 

オーストリア出身の生化学者、マグリット・モーリー

  • ホリスティック・アロマテラピー精油を植物油に希釈したオイルでのマッサージを提唱し、一般に広めました。
  • 1961年『ル・キャピトル・ジェネス(最も大切なもの・・・若さ”the Secret of Life and Youth”)』を出版。
  • ホリスティックアロマテラピー

ロバート・ティスランド

「嗅覚システムの組織とにおいの受容体」がノーベル医学生理学賞受賞

  • リチャード・アクセル博士とリンダ・バック博士
  • 「におい」がどのように識別され記憶されているのかのメカニズムが解明。

日本における精油の研究

  • 東邦大学の鳥居鎮夫名誉教授
  • 「随伴性陰性変動(CNV)」という脳波を用いて、香りの心理的効果の研究
  • ラベンダーやジャスミンの香りの鎮静作用や興奮作用を実証した実験
 

日本のアロマの歴史