からだに優しいもの

とにかく、優しいものです。

2020-11-09から1日間の記事一覧

グレインズオブパラダイス

スパイス事典(GRAINS OF PARADAISE) 「グレインズオブパラダイス」は 「楽園の種」「幻のペッパー」という異名を持つ、希少性の高いスパイスです。 西アフリカ原産のショウガ科の多年生草本で、ギニアの西海岸地方や西インドで 栽培されています。 西アフ…

パンチフォロン

ミックススパイス(Panch Forong) 「パンチフォロン」は、東インド、バングラディッシュにまたがる ベンガル地方で利用されているミックススパイスです。 パンチは「5」を意味し、5つのホールスパイスをブレンドしたもの。 豆や野菜料理の他、魚の料理のス…

クレソン

ハーブ事典(Cresson) 「クレソン」は、ステーキの付け合わせてとして目にすることの多い ヨーロッパが原産の水生植物です。 日本には明治時代に持ち込まれたことから、 「オランダガラシ」という和名があります。 非常に繁殖力旺盛なので、現在では各地の…

クベバ

Cubeb(spice) 主な産地は、インドネシアのスマトラ島、ニューギニア島、 マレーシアのペナン島です。 インドネシア原産のコショウ種の未熟な実で、 別名、ジャワーペッパー、キュベバ、テール付きコショウなどと呼ばれています。 産地が限られている上、未…

カー(ガランガル)

スパイス事典(Galangal) 「ガランガル」というスパイスは 日本人には余り馴染みのないスパイスだと思います。 ガランガルの歴史は古く、 東南アジアではメジャーなスパイスとして使われています。 あのトムヤムクンにも欠かせないスパイスです。 形も風味…

オレンジピール

ハーブ事典(Orange peel) 「オレンジピール」はビターオレンジの果皮です。 主にビターオレンジの果皮を使用しますが、たまにスイートオレンジの果皮が使われている場合もあります。オレンジピールはオレンジの皮を乾燥させたハーブです。ミカン科の果皮を…

エルダーフラワー

ハーブ事典(Elderflower) 「エルダーフラワー」は、 ヨーロッパ各地で5月頃から6月にかけて公園や野原で咲く、野の花の一種です。 「エルダー」の名前は、アングロサクソン語の「エルド(炎)」に由来し、 火を起こすためにその枝が利用されていたことに…

オリーブ

ハーブ事典(Olive) 「オリーブ」は、有史以前アフリカ北岸や地中海沿岸に自生し、 現在のイスラエル、パレスチナ、ヨルダン、レバノン、シリアの地域で 栽培が始まったと考えられています。 オリーブの木は人々にとって神聖なものであり、 古代オリンピッ…